ひたちなか市の歯医者の小児歯科

わたなべ歯科クリニック

小児歯科

お子様のお口の健康を守りましょう

image

「子供を歯医者に連れて行きたいけど、怖がらないか心配・・・」「どのタイミングで歯医者に連れて行けばいいの?」「乳歯の時期は何を気をつければいいの?」「うちの子、もしかして虫歯??」小さなお子さまをお持ちの親御様は、歯科治療に対して様々な不安や疑問をお持ちではないでしょうか?小さなころからきちんと歯科治療を受けるのはとても重要なこと。将来の歯の成長や歯並び、病気の予防にもつながりますので真剣に考えてみてください。

ひたちなか市にあるわたなべ歯科クリニックでは、アットホームな雰囲気のなかで治療を行っており、お子さまが怖がることなくリラックスして治療に臨める環境づくりを心がけています。プレゼントがもらえるポイントカードやれんらく帳、治療後のシールのプレゼントなどで、楽しみながら治療を続けられるよう様々な配慮をしています。お子さまと接することが大好きなスタッフが、お子さまのペースに合わせて治療を進めていくので安心してお任せください。

フッ素塗布って何?

歯の表面では、歯の成分であるミネラルが溶け出す「脱灰」とミネラルが歯のなかに残って結晶化する「再石灰化」が繰り返されています。この脱灰と再石灰化のバランスがくずれてミネラルが溶け出す脱灰のほうが多くなると、虫歯ができてしまうのです。フッ素を歯に塗布することで脱灰を抑制し、ミネラルが歯のなかに戻る再石灰化を助けます。フッ素塗布は、虫歯の発生・進行の抑制や歯質の強化、細菌の増殖抑制の効果が期待できます。定期的に通って頂くことで、虫歯の早期発見、早期治療にもつながります。

  • フッ素塗布初回|¥1,500 2回目以降|¥1,080

シーラントで虫歯予防を

奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防しようという処置です。奥歯は噛み合わせ部分の溝が深く複雑な形をしています。そのため食べ物のカスなどがはさまりやすく、虫歯になりやすくなります。シーラントは虫歯の予防にはなりますが永久的なものではありませんので、定期的なメインテナンスを受けましょう。

お子様の矯正歯科

image

お子さまの歯並び、気になっていませんか?顎が小さいお子さまは、乳歯から永久歯に生え替わる時期に永久歯が生えそろうスペースが足りず、歯並びが乱れてしまうことが多々あります。大切なお子さまのキレイな口元のためには、小さいころからの十分なケアが必要です。

小児矯正では顎の成長を促しながら、乳歯を抜くタイミングをコントロールして永久歯が正しい位置に生えてくるように導きます。当クリニックでは、反対咬合(受け口)にも対応。お子さまの歯並びも含めたお口の健康について、しっかりサポートしていきます。

保護者の方へ

お子さまの目線に合わせたきめ細やかな治療を行っていくためには、親御様のご協力が不可欠です。スタッフとお子さまがよりよい関係を築き、お子さまがリラックスして前向きに治療を受けられるようにサポートをお願いします。当クリニックでは、お子さまの治療の際、必要があれば親御様に同席していただいています。治療前には必ず治療の説明を行い、ご同意いただいてから治療に入ります。無理矢理治療するようなことはけっしていたしません。お子さまにもわかるように説明し、理解してもらってから治療を行いますのでご安心ください。

親御様にご協力いただきたいこと

  • 歯を磨いてからご来院ください。
  • ひどい空腹や満腹の状態ではないようにしてください。
  • お手洗いを済ませておいてください。
  • 髪が長いお子さまは、髪を束ねておいてください。
  • 汗をかくお子さまがいますので、タオルをご用意ください。
  • 歯医者さんを怖がらせるようなことは、ふだんから言わないようにしましょう。「歯医者さんはお口を健康にしてくれるところ」と話してあげてください。
  • 痛みの少ない治療をするために麻酔が必要な場合があります。注射器を使用することは言わないようにお願いします。
  • 最後まで治療ができるようにお子さまを励ましてあげてください。
  • 診療後は、たとえ泣いていても「えらかったね」としっかりほめてあげましょう。

ページトップへ戻る