ひたちなか市の歯医者の口腔外科

わたなべ歯科クリニック

口腔外科

顎の異常は顎関節症を疑いましょう

image

「顎がカクカク鳴る」「顎の関節が痛い」「痛くて口を大きく開けられない」「頭から首、肩にかけて重い感じがする」このような症状がみられたら、顎関節症(がくかんせつしょう)の可能性があります。顎関節症は適切な治療さえ行えばきちんと治せる病気です。上記のような症状がみられたら、ぜひ一度ご相談ください。

顎関節症の治療法

何らかの要因により顎関節が痛む、口が開かないなど、顎の機能の低下がみられる症状を顎関節症と呼びます。治療をせずに治る場合もありますが、放置したために悪化するケースも多々あります。症状が進むと痛みやしびれがひどくなり、食事をするのも困難になったり、全身がだるくなったりすることもあります。かるく考えずに、一度きちんと診てもらいましょう。

スプリント治療

スプリントと呼ばれるマウスピースを用いる治療方法です。おもに就寝中に装着し、無意識に起こる歯ぎしりなどによる影響から顎や歯を守ります。継続的な痛みがある人の場合は、日中もスプリントを装着することで、顎の筋肉の緊張がゆるめられ、噛み合わせを安定させて不快感を減らすことができます。

矯正・補綴(ほてつ)治療で噛み合わせを調整

お口の状態や症状に合わせて、各種矯正・補綴治療を行います。噛み合わせのバランスを調節して、症状を緩和させます。

親知らずはきちんと治療しましょう

image

食生活の変化などにより、現代人の顎は小さくなっている傾向があります。しかし、歯の大きさには変化がないため、親知らずが生えるスペースが狭くなり、斜めに生えたり他の歯と重なって生えたりしてしまうのです。きちんと正しい方向に生えていないと、歯並びが乱れたり虫歯や歯周病になりやすくなったりします。痛みや腫れがある場合や物が挟まりやすい場合、歯並びに影響がでる場合などには抜いたほうがよいでしょう。

親知らずは抜かなくてよいケースもあります

「親知らずは生えてきたら必ず抜かなければいけない」ということはありません。きちんと生えておりブラッシングなどのケアがきちんとできて、痛みや腫れなどがない場合には抜歯する必要はありません。親知らずに不安がある方は、自己判断をせずまずはご相談ください。状態を診て適切なアドバイスをさせていただきます。

ページトップへ戻る